西山新座内科眼科クリニック[内科・循環器科・小児科・眼科]

西山新座内科眼科クリニック

クリニック紹介

医師紹介

院長 西山 敬二(内科・循環器科・小児科)

院長 西山 敬二(内科・循環器科・小児科)

Keiji Nishiyama M.D., PhD..
Internal Medicine,Cardiology,Child Health

略歴

昭和48年  東京医科歯科大学卒業
同年 東京医科歯科大学第三内科入局
昭和59年 米国アルバニー医科大学1年間留学
昭和62年 東京医科歯科大学第三内科講師
平成元年 国立立川病院循環器科医長
平成7年 国立病院東京災害医療センター 循環器科医長
平成16年 西山新座内科眼科クリニック 開院

資格

医学博士 日本内科学会専門医 日本循環器学会専門医
日本動脈硬化学会評議委員

副院長 西山 文子(眼科)

Ayami Nishiyama M.D., PhD..
Ophthalmology

略歴

昭和54年 岡山大学卒業
同年 岡山大学眼科入局
昭和55年 東京医科歯科大学眼科入局
昭和61年 東京都共済丸の内診療所眼科
昭和63年 東京都多摩老人医療センター眼科
平成2年 同院眼科医長
平成16年 西山新座内科眼科クリニック 開院

資格

医学博士 日本眼科学会専門医

生々堂の由来と当院の理念

生々堂

明治25年頃 日本医師会創立のため全国を廻っていた長与専斎が松山市へ来訪した時に大叔父敬之に書かれた扁額

生々堂

長与専斎が書かれた生々堂の扁額に対して、当時医学生だった兄が緒方富雄先生に頼んで書かれた賛「生々有縁」

当院は医療法人 生々堂(せいせいどう)という名称を使っています。

これは私(院長)の大叔父が明治21年に四国の松山で開業したときに使っていた名前です。私の香川の実家には生々堂と書かれた扁額があります。これは初代医務局長で日本の医療制度の基礎をつくった長与専斎が書いたものです。長与専斎は緒方洪庵の適塾で塾頭を務めた人です。この長与専斎が書いた扁額に対して、後年私の兄が東大医学部の学生であった時、洪庵の曾孫になる緒方富雄先生(血清学)に依頼して書いていただいた「生々有縁」という賛があります。これには人は生きていると多くの方々と出会い、縁ができ、思いもよらないところにつながりができる。生きていることの素晴らしさ、楽しさを書いています。

当院は新座で開業して十年余りになります。多くの方に支えられて今日まで続けることができました。この縁を大切にし、これからも地元の方々が生き生きと生活できる手助けをしたいと願っています。